【社会】「インスタグラマー養成」スカウト詐欺 中学生も狙われる

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/31(月) 16:30:39.85 ID:CAP_USER9
芸能人やモデルになりませんかとスカウトし、登録やレッスンなど、様々な口実でお金を集めるのだが肝心の芸能仕事はほとんど無い。
こういった、お金を取るだけの芸能事務所もどきがあることは、今では世間に広く知られている。
最近では、芸能人ではなく「インスタグラマー」へのスカウトと、そこから発生するトラブルが登場している。
中学生が相手でも貪欲に契約を迫ってくるグループの実態について、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
「投稿するたびに“スカウト”が来る! マジでウザい!」
「ブロックしてもすぐ別の“スカウト”来るし」
「詐欺だとわかるから無視するけど、あまりにもウザすぎる」

雑誌やネットの通販サイトでモデルとして活躍する女性たちが口をそろえて「ウザい!」と怒るのは、
インスタグラムなどのSNSに何者かによって書き込まれる次のようなメッセージについてである。

「初めまして! 書き込み見させてもらいました。インスタグラマーにスカウトさせていただきたいのですが、メッセージ貰えれば詳細送ります!」

今や、そこらの芸能人よりも影響力、情報拡散力があるとされる一般人のインスタグラマー達。
前出のモデルは、雑誌一本でやってきた時代よりも、インスタのある今のほうが「儲かる」と話すほどだが、
そうした背景があってか「インスタグラマースカウト詐欺」という、新しい形の詐欺案件が広がりつつあるようだ。

実際に娘が「インスタグラマー」にスカウトされたという、東京都内在住の主婦・Aさん(40代)は、そのやり方があまりにも悪質であると憤る。

「中学生の娘のインスタに“スカウトメッセージ”が書き込まれたのは、夏休み前ごろでした。
年頃の娘ですから、ユーチューバーやインスタグラマーのきれいな女の子に憧れていたようで、スカウトメッセージに反応してしまった…。
SNSでのやり取りだから、私たちも気が付くことができず、気が付いた時には娘は自身の貯金を払い込み、
ティッシュ配りやガールズバーでのアルバイトまでやっていたんです」(Aさん)

Aさんの娘・B子さんは、自身のインスタに届いた自称スカウトと実際に電話で連絡を取り合い「インスタグラマーを養成する」というセミナーに勝手に参加してしまってい
セミナーは全五回で十数万円するという高額なものだったが、B子さんは自称スカウトに丸め込まれ、Aさんに内緒で、貯金10万円を下ろし、支払っていたのだ。
さらに残金については、自称スカウトが紹介するアルバイトによって支払うなどと口約束まで取り交わしていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15815747/
2018年12月31日 16時0分 NEWSポストセブン

2: 名無しさん@1周年 2018/12/31(月) 16:31:16.93 ID:a27jIFFB0
もちろん、お気づきの方もいるだろうが、この「インスタグラマー養成」セミナーは、かつて流行した「情報商材」のスキームはそのままに、名前だけ変えて、同じグループによって行われているとみられる。
「儲かるためには高額なセミナーを受けなさい」という例のアレだ。
セミナーの看板を掛け替えただけで、やっていることは以前と変わらず、詐欺、またはねずみ講まがいの行為が繰り広げられているに過ぎない。

「未成年の娘ですから、契約行為は無効と訴えましたが、相手側が弁護士を立てて反論してきたこともあり、とにかく一刻も早く娘を連中から遠ざけたい一心で、手切れ金の数万円を支払いました」

当然だが、これらの「スカウト」に応じたところで、実際に人気インスタグラマーになれる可能性はほとんどない。
未成年や夢見る若者の無知に漬けこみ、1円でも多く奪い取りたいというのが、連中の本音である。さらに言えば、相手方が立ててきたという弁護士も、本当にいるかは疑わしい。
Aさんが把握していた相手方の弁護士は、筆者が調べると実在しない人物であった。
弁護士大観、法曹期別名簿でも確認が取れず、事務所自体の存在もなかった。
相手が無知と知るや、ありとあらゆる嘘デタラメ、ハッタリでもって、畳みかけてくる。

また、今現在「スカウト」メッセージを書き込んでいる人物こそが、かつて自身も「スカウト」された張本人でもある。
実際にインスタグラマーの”スカウト”とやり取りをしたことがある都内在住の読者モデル・Cさん(20代)が説明する。

「スカウトに話を聞くと、まずは高額なセミナーに呼ばれるところから始まります。
内容は、映える写真を撮るとかそういうのも少しだけありますが、メインは、あなたもたくさんのユーザーをスカウトして、不労所得を得よう、というもの。
自分がスカウトした人が、さらにスカウトをこなしてセミナーなどで儲かれば、そのうちの一部が私に振り込まれます、って。これってねずみ講ですよね」(Cさん)

セミナーという“情報商品”があるにはあるが、やはり「ねずみ講」まがいであることは間違いない。
ネットインフラの発達、SNSの隆盛の陰で、なんとか一般市民を取りこむべく、ねずみ講などのインチキ商売は日々形を変え続けている。
インスタやYouTubeなど、今まさに「ブーム」と呼ばれているムーブメントに必ず寄生する連中の手法を知り、自身はもちろん身近な人がこれら卑劣な連中に食われないよう、心がけておきたい。

4: 名無しさん@1周年 2018/12/31(月) 16:32:52.03 ID:brq+mrM50
【情報商材】情報商材を売り、詐欺まがいな事をしているのが「ネオヒルズ族」である 【第二のホリエモン】

昨今、非常に世間一般に浸透してきた「ネオヒルズ族」という言葉

特に代表格である与沢氏は、TVや雑誌にも多数出演し、豪華なマンションに住み、ロールスロイスやフェラーリを愛用している、言わば「ネオヒルズ族」の象徴的存在でしょう。

とはいえ、テレビの紹介では「インターネットを活用したビジネス」「アフィリエイトをしている」といったぐらいで、具体的に ”どのようにして稼いでいるのか・・・” といった突っ込んだ話しはされず、いまいち伝わってきません。

では、彼らはどのようにして巨万の富を築いたのか・・・

その答えが「情報商材」であります。

ネオヒルズ族が扱っている情報商材は、”稼ぎ方” に関する商材が中心になっています。
要は、「私は、このようにして●●億円稼ぎだしました」といった類のものです。

このノウハウを情報商材として、ネットやセミナーで売り、さらにそこから「与沢塾のような、多額な会費制の塾」へ入会を勧めていき、稼ぎを増やしていくのです。

このような「塾」に入会することで、塾で伝授されるノウハウを販売する権利が与えられ、今度は塾生が販売側として、それを世に広めていきます。

このように上から下へどんどん広がっていくことから、「ネズミ講まがい」といった批判もあるようです。

ですが当然、このようなビジネスモデルで大金を稼ぎ出せるのは、ピラミッドの上層部にいる人たちだけです。ピラミッドを支える下層の人たちは、ほとんど稼ぐことができず苦しい経済状況のままでしょう。

【情報商材】情報商材 計画倒産 ネオヒルズ族【破綻】

「秒速1億円稼ぐ男」与沢翼氏は2014年に会社が破綻状態になり、現在はシンガポールで投資をしている。その会社破綻は信頼していたスタッフが資金を持ち逃げした為だったという。

2014年4月、与沢翼氏は経営する企業が、法人税未納や実質経営破たん状態にあることを公表した。マスコミの説明ではFXなどの投資で損失を出して、税金を支払えなくなったという事だった。

その後、与沢氏自身がネットで説明したところでは、破綻後に自宅や高級車などを売却して借金(未納)は1億円まで減らした。約3億5000万円の法人税未納は、前年の巨額赤字の還付金が1億円ほど戻ってきたので、結果としてゼロになった。

この説明だと会社は破綻したが借金は無かった訳で、「破綻しました」などと余裕の笑み(?)を浮かべていたのも頷ける。与沢氏はブログを運営していて、破綻した事でアクセスが急増し、かなりの収入になっていたとも言っていた。

LINEスタンプ、著書の著作権料、情報商材売上げ、講演、ブログなど現金収入が多いのが特徴で、推定年収1億円程度になっている。現在はシンガポールの高級マンションに住み、フェラーリを購入して再び投資などをしていると報告している。

破綻する原因になったFXやハイリスク投資は止めて、株投資などをして利益を得ているという。
直近の4月には4000万円の収入があり、今年平均すると1500万円以上は稼いでいるという。

22: 名無しさん@1周年 2018/12/31(月) 18:44:17.47 ID:tSd1adew0
頭が弱いってのは、それだけで食い物にされるからな
いくらかは仕方無い気もする

26: 名無しさん@1周年 2018/12/31(月) 20:29:10.32 ID:NSRSzrHl0
インスタって本職持ってる人が広告のためにやってるイメージだったわ
インスタ専門の人もいるんだな

31: 名無しさん@1周年 2019/01/01(火) 01:51:16.93 ID:iyclK7Ot0
ぶっちゃけ吉本のNSCとかエイベックスのダンススクールとか
子役スクールとかもやってることは一緒だろ

元スレ : https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546241439/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です